自己紹介します!(劉)

今日は少し自己紹介をしてみようと思ってます。

 

 

なぜかと言うと・・・よく人に「劉ちゃん何やってるのか分からない」と、よく言われるからです。何やってるか分からないと言うのはミステリアスでそれはそれで良いのですが、(?!)もう少し身近に感じて欲しくて、今までやってきたことなんかを紹介しちゃいます。

 

 

まず今の私について

 

①訪日観光客を対象にした(国籍問わず)広告販売・プロモーション・コンサルティング外国人観光客が日本旅行の情報収集で使っている媒体を、日本の外国人観光客を集客したいお店に紹介しています。そして、実際に観光客が来ても、受け入れの方法がわからない人達の為に、ツールの準備や、心の準備のお手伝いもしています。不安なく接客を楽しめるお店であることが、来店したゲストの満足度につながると確信しています。これは私の中のテーマでいうと、【より多くの観光客が日本のファンになる】為の種蒔きです。外国人観光客研究所としての発信もそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

②日本に住んでいる中華圏の方の日本でのお仲間作り。これは会社での業務ではなく、私のライフワークです。留学生や、日本で就職した方、駐在員の家族などで、日本のコミュニティに入れず、中華圏や学校、バイト先だけの輪の中だけの生活になっている人が多いです。せっかく日本で生活しているので、日本人と繋がって、生活する中での仲間が出来れば、解決できることも増えますし、【一番リアルな日本のファン】になってくれると信じています。

③中国語の通訳。月に数回ですが、実際に観光客に触れるという意味で、通訳に入って、観光客の味方になって日本を見る時間を作っています。これは継続することで、移り変わるトレンドも感じれますし、観光客の目線になる時間は日本に慣れすぎている頭を柔らかくしてくれます。そして、何より超絶下手な私の中国語レベルを下げない為に、必要な時間。

②と③は外国人観光客研究所としてのお仕事とは別のくくりで、ライフワークとして社会と繋がる位置付けにしてます。ただ、チャンネルを変えることで、頭が切り替わって、総合的には全部プラスに働いてるのが面白い!

 

 

そんな感じで今の私のザックリした概要ですwwwここからは・・・・・テーマは意味不明です。感じるままにこんな人。って思ってもらえたらそれでいい!

多分、人に教えるのが上手なのでは?!説。

根拠は・・・こんな感じw

 

 

 

 

 

 

学生の時はスイミングコーチで、毎日2〜3クラス自分の担当クラス(子供から大人まで)を教えてましたw その後、ドルフィントレーナーを目指して、全国色々な水族館で実習を重ねていたのですが、ゲストに動物についてレクチャーしたり、ネイチャーツアーを実施したり、これもまたまた得意分野^^そして、イルカのトレーニング方法が人を伸ばす究極のトレーニングと共通するので、その後、今に至るまで、私の人との関わり方はイルカ方式なんですwww

 

 

リストラ、契約打ち切りなんて、もう怖くない!

ドルフィントレーナーを持病の腰痛もあり、断念することになり、2002年に大阪にある中国国営企業の日本法人にてアパレル生産管理と輸入業務を行うことになりました。私は中国語を高校卒業後の留学で覚えただけなので、会社の中国人社長に、「劉ちゃん、中国語下手」と呪文のごとく言われ、単身中国の工場へ道ない道を車で渡って工場管理に行ってはぶち当たり、なぜか社内の中国語講師も担当することになり・・・・月曜から日曜まで働く毎日の果て、3年を過ぎた10月3週目に「劉ちゃんはあと1週間で終わり」と社長に可愛く言われて、初リストラを体験w そこから、「正社員になっても切られる時は切られる!から、執着しない」精神が生まれて、色々な働き方をまぁまぁ大胆にしてきた気がします。

当時、必死に詰め込んでいた専門知識の資料。そう言えば、これ。会社の本を「借り●ク」しているかも?!

 

 

 

 

観光客に日本を案内するのは2002年からスタート!

実は意外と早いでしょ?

さっきの中国の会社にいた時、当時はビザの関係で、今のように自由に中国の旅行者がいない時でした。なので、私が案内していたのは、仕事で日本に出張に来た会社関係の方々。要は出張で来た人の余っている時間の観光のアテンドを会社の指示のもと、行なっていました。

2001年にUSJがオープンしたばかりだったので、お決まりコースはやっぱりUSJ。そして、当時の中国は今とは全く異なっていたので、出張者の興味は「中国にはない新しいもの」。ウォシュレットのトイレを見に行ったり、綺麗なエレベーターを見に行ったり、建物・施設に興味を持ってる方が多かったです。

リストラされた会社ではありましたが、観光アテンドのスタートも、中国語を日本人に教えるきっかけもここから始まり、それがずっと継続的に続くことになったので、面白い縁だなぁと思います。

 

実はこんなことしてました・・・・・・

外国人観光客研究所に加わるまで、直近では

某百貨店観光客専用通訳

某企業BtoB通訳

別ページにて紹介されているので、結局わかると思うのですが、私個人の通訳アテンドや、企業・店舗・個人向けの中国語レッスンを継続しながら、購買に関わる通訳アテンドや、最新の衣食住美容に関わる企業の提案を中華圏の企業トップの方、政府関係の方にお伝えするお仕事の機会をいただいてました。特に10年単位の先を見越した未来の商品に関わる方々へ、伝える未来の世界は、今観光客と触れ合う中でもその先をイメージする事が出来、面白いものです。ソリューションw

 

これも私です。以前は、実はモデルのお仕事をしながら、フリーランスで通訳アテンドと、中国語の講師をしていたんです。メインで仕事をしていたのは何年も前なので、写真も昔のものですが。。。。

 

 

と言った感じで、書き出すとしつこくなるので、ここでは紹介しませんが、フリーランス期に経験させていただいている業界が実は他にもあります。(是非、実際にお会いした時に小出しにお話し出来ればと思います)そして、それらを経て、今、総合的に、客観的に日本人と外国人へのサービスについてイメージできるような気がしています。

 

今は【日本のファンを作る】と言う私のテーマがあるので、その為に必要なことを、必要な方に届ける為に外国人観光客研究所にて、発信をしていきたいと思っています!今日、なぜ自己紹介を書こうと思ったかと言うと、もう少し、このブログを私たちスタッフの素に近づけて、リラックスしたものにしていきたいと思ったのでwww既にボリューム的には、かなりくどいですが、パーソナルな部分を出させてもらいました。

 

今日のブログはまだ真面目な気がしてます。もうちょっと遊びの要素を入れさせてもらってもいいですか??w普段企画している日中交流会でもそうなんですが、「楽しいところに人が集まる!」信念がありまして・・もっと笑って欲しいんですよねwww

 

どうぞ。これからも、宜しくお願いします^^劉でした。

ABOUTこの記事をかいた人

劉 賞美(Liu Shangmei)

高校卒業後、北京語言文化大学へ語学留学。
2002年より中国の国営貿易商社、中国中紡集団公司(北京市)の日本法人会社にてアパレル生産管理、中国工場管理、貿易事務、社内中国語講師担当。
当時一般客へのVISAが下りにくい中、出張で来日する中国人の通訳と観光のアテンドなども行う。
退社後は、中国語の個人レッスンをベースに2010年より中国語グループレッスン、日中語学交流会を現在も主催・運営しており、パナソニックセンター大阪にて中華圏の企業、行政機関向けのB to B通訳を担当。
また、高島屋百貨店にて訪日外国人を対象とした通訳アテンド業務を経て、株式会社エースブリッジに入社。
日々、外国人観光客を集客している店舗様へ足を運び、また時に外国人観光客や、在日外国人の生の声を聴き「今求められているモノ」を発信すべく、2010年より続いている「外国人観光客研究所」の所長に2017年7月より就任。