中国の春節旅行傾向(データ発表)

度々、劉です。

最近発表されたばかりの中国旅行者の動向報告の記事がありますので、みなさんにもシェアしますね!

中国の国家旅行局直属の研究機構【中国旅游研究院】と中国国内最大のオンライン旅行社【携程旅游】による【2018春节出境旅游趋势预测报告(2018年春節旅行市場予測報告)】より、いくつかピックアップします。(使用している画像データは携程旅游の報告によるものです)

報告によると、今年の春節に旅行に出る人は、延べ650万人と、過去最大規模に達する見通しと予想されてます。その中でも、団体旅行と個人旅行の割合は上の図の通り。団体48% 個人旅行52%。どんどん自由に旅を楽しむ方が増えていってるんですね!

これは、どの地域からの旅行者が多いかのランキングです。1位は上海から旅に出る人が一番多いという事です。ちなみにお金を使う金額のランキングでいうと、蘇州が1位、上海は北京に次ぐ4位でした。

 

では、きっと皆さんが気になるどの時期に移動されてるか・・・・こんな発表がありましたよ。

いつ出発されてる方が多いか、という表です。一般的に春節の大型連休を利用して動かれる方はこのような動向ですが、表に見るように2月22日あたり。出発予測数が減ってますね。ただ、この辺りから飛行機のチケット値段が下がってくるので、安く動きたい方にとっては、このあたりを狙って動く方もいらっしゃいます。バイヤーの来店が多い店舗は注意です。

 

これは旅行先人気の国ランキング!

1位タイ! 2位日本 3位シンガポール 4位ベトナム 5位インドネシア 6位アメリカ 7位マレーシア 8位フィリピン 9位オーストラリア 10位カンボジア

 

個人旅行者に人気の都市ランキングです!

1位香港 2位プーケット 3位大阪 4位マカオ 5位東京 6位シンガポール 7位バンコク 8位チェンマイ 9位サバ州(マレーシア) 10位バリ

 

 

何週間もかけた長期旅行には南極やヨーロッパ、南米などかなり贅沢な旅を楽しまれている方もいますが、まずは日本旅行を楽しみにされている方が多いというのがこれらの報告からわかります。

 

 

今日はこの発表をシェアしたのが。。。

3位大阪

これを伝えたかっただけです。

地域にもよりますが、旅行者の多い上海から考えると、人気旅行先第1位のタイよりもずっと近くて、来やすい都市が大阪です。また来やすい場所が日本 大阪です。

 

もう行ったことがあるから行かない 

→ 前に行って、気に入ったからまた行く(リピーター)

こんな風に旅行者に思ったもらえたら嬉しいなと。関わるお店がそう思ってもらえる場所になればといつも思っています。

 

今日は、そんな気持ちを込めて。ここまでです。

最新データのご紹介でした。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

劉 賞美(Liu Shangmei)

高校卒業後、北京語言文化大学へ語学留学。
2002年より中国の国営貿易商社、中国中紡集団公司(北京市)の日本法人会社にてアパレル生産管理、中国工場管理、貿易事務、社内中国語講師担当。
当時一般客へのVISAが下りにくい中、出張で来日する中国人の通訳と観光のアテンドなども行う。
退社後は、中国語の個人レッスンをベースに2010年より中国語グループレッスン、日中語学交流会を現在も主催・運営しており、パナソニックセンター大阪にて中華圏の企業、行政機関向けのB to B通訳を担当。
また、高島屋百貨店にて訪日外国人を対象とした通訳アテンド業務を経て、株式会社エースブリッジに入社。
日々、外国人観光客を集客している店舗様へ足を運び、また時に外国人観光客や、在日外国人の生の声を聴き「今求められているモノ」を発信すべく、2010年より続いている「外国人観光客研究所」の所長に2017年7月より就任。