2021年!関西にオリンピック?!

ようこそ!外国人観光客研究所へ!!
このサイトは 大阪初の外国人観光客向け多言語観光MAP「EXPLORER MAP  (旧EXPLORER OSAKA/旧 EXPLORER KYOTO)」の広告販売、及びインバウンドプロモーションを手がける株式会社エースブリッジが運営しています。
この外国人観光客研究所では、私たちが関わってきた店舗さま等の事例から、訪日外国人旅行者の集客方法、おもてなし、ニュース、インバウンドビジネスに関わる様々な情報を発信するだけではなく、普段の私たちの様子など私達らしい視点で、楽しく綴っています。インバウンドのお客さんをもっと身近に・・・そんな想いを乗せて、今日はこーーーんなお話です。
********************************

2021年に関西でオリンピック?!って思いました?!

 

こんにちは!またまた劉です。

わたしは普段から、観光客と多く触れ合う飲食店、物販店、宿泊施設や案内所の方々はもちろん、様々な業種の方と接する機会が多くあります。

研究所の所長ではありますが、何より多くのかたが私に様々なことを教えてくださるので、それをみなさんにシェアをさせていただいているようなものです。

 

 

先週、スポーツ分野が得意な方に

「劉さん。2021年の関西のオリンピックのこと知らないの??」と聞かれました。

 

(私)「オリンピック???」

ニュースを見ていたものの、そこまで注意をしていなかったので、詳しくお話を伺うと、2021年にワクワクしてしまって・・・・

 

 

そして、連続投稿してます。

ワールドマスターズゲームズ2021 関西

ちょうど今年2017年はニュージーランドのオークランドで開催されてましたね!

ワールドマスターズゲームズ

Sport for Life (人生を豊かにするスポーツ)の理念のもと、30歳以上のスポーツ愛好家であれば誰でも参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です

毎年オリンピックの翌年に開催され、第10回目を迎える2021年はアジアで初めて日本、なんと舞台は関西で開催されます!

武井壮さんなどが11月にプロモーションで記者発表されてましたし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、4年に1回!しかも、世界中からスポーツ愛好家が集まる!となると、もうオリンピックです!!(注意:オリンピックではないですが。)

オリンピックと違って、このワールドマスターズゲームズは30歳以上であれば、誰でも国際大会に参加できるんです!

100カ国近い国の方々が大会に参加。いろんな国の方とスポーツ競技を行えます!

ワクワクしませんか?!

(大会HPより引用)

 

 

あなたは何に参加しますか?!

(大会HPより引用)

綱引きなんて手もありますよ?!

私は昔ヘルニアでやめていた水泳を復活させるか、これを機に新しいスポーツにチャレンジしてみるか?周りの仲間を誘ってチームを作ってみましょうか?!

今からちょうど4年あります。目指してみませんか?選手として?それとも?選手たちを受け入れる環境を整えていきます?!

なんてったって会場は関西です。

関西に世界中から「スポーツ」を共通言語に人々が集まります。

今、宿泊施設がどんどん増えていますが、きっとこの間、世界中からのお客様、日本中のスポーツ愛好家が関西を訪れることでしょう!

そして、この大会に合わせて、事前に練習、下見に来られる方もいらっしゃるでしょう!

他にも2020年4月1日〜2021年8月31日までの間、公式競技以外のオープン競技も開催し、関西一円で盛り上げていく予定です。●第1次決定オープン競技(9競技):  パドルテニス(滋賀県)、フライングディスク(京都府)、マラソン(徳島県)、ラフティング(徳島県)、サーフィン(徳島県)、インディアカ(和歌山県)、スポーツ吹矢(和歌山県)、ペタンク(兵庫県)、ローンボウルズ(兵庫県)・・・海好きとしてはサーフィンも気になる!

外国人を受け入れるのはちょっと・・・なんて言わせない。

 

2019年 ラグビーワールドカップ

2020年 TOKYO オリンピック

2021年 ワールドマスターズゲームズ関西

・・・

2025年 大阪万博招致活動中

この流れ。どう感じますか?

 

 

ポスターあれこれ

今日はただ、ワクワクを共有したくての投稿です。なので、最後はこんなかんじで。

あなたはどのポスターが好きですか?

私は「あっ!!おじいちゃん、本当に速かったんだ。」これが好き。

これからの展開が楽しみだと思える方が、難しいと思ってたことも乗り越える力になります。

間違いなく、楽しめそうな街は待ってます。

★ワールドマスターズゲームズ関西の紹介VTRはこちら★

記事を書いたのは私:

ABOUTこの記事をかいた人

劉 賞美(Liu Shangmei)

高校卒業後、北京語言文化大学へ語学留学。
2002年より中国の国営貿易商社、中国中紡集団公司(北京市)の日本法人会社にてアパレル生産管理、中国工場管理、貿易事務、社内中国語講師担当。
当時一般客へのVISAが下りにくい中、出張で来日する中国人の通訳と観光のアテンドなども行う。
退社後は、中国語の個人レッスンをベースに2010年より中国語グループレッスン、日中語学交流会を現在も主催・運営しており、パナソニックセンター大阪にて中華圏の企業、行政機関向けのB to B通訳を担当。
また、高島屋百貨店にて訪日外国人を対象とした通訳アテンド業務を経て、株式会社エースブリッジに入社。
日々、外国人観光客を集客している店舗様へ足を運び、また時に外国人観光客や、在日外国人の生の声を聴き「今求められているモノ」を発信すべく、2010年より続いている「外国人観光客研究所」の所長に2017年7月より就任。